【高洗浄力・低臭】Park Tool CB-4 バイオチェーンブライトのレビュー

4.0
ケミカル
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク




高洗浄力、低臭なチェーンクリーナーPark Tool CB-4 バイオチェーンブライト。

製品情報

抜群の洗浄力を持つ自転車チェーン用洗浄液。

大豆ベースの生物分解性溶液を使ったバイオチェーンブライトは、チェーンに付着した余分なグリースや汚れを素早く、強力に落とします。

チェーンに付着した余分な脂や泥汚れを素早く強力に落とします。

最低限必要なオイルを残しておくので、チェーン洗浄後すぐ乗り出せます。

※塗装や樹脂パーツを溶かすことがありますので、取り扱いには注意してください。

製品ページから引用)

HOZANの製品ページを見てみてもあまり詳細な情報は見当たらない。

チェーン洗浄後もオイルが残るタイプのようなので、チェーンクリーナーにチェーンオイルを配合させているタイプだと思われる。

CB-4 Bio Chainbrite®

動画を見ると、チェーン洗浄器(CM-5.3 サイクロン)との組み合わせて使うと良いらしい。

Park Tool cm-5.3 サイクロン自転車チェーンスクラバー
PARKTOOL(パークツール)
¥5,981(2021/06/06 17:18時点)
自転車のチェーンを取り外しすることなく素早く簡単に効果的に掃除できます。

この記事では、いつも通り手作業での洗浄を行い洗浄力のチェックをしてみる。

使い方

チェーンクリーナーにオイルが配合されているタイプだと思うが、今回のチェーン洗浄の手順は

  1. チェーンに塗る
  2. ブラッシング
  3. 拭き取る
  4. 中性洗剤で水洗い

という、いつもの流れでやっていく。

チェーンに塗る

CB-4をチェーンに塗る。

適量をコップに入れて、ブラシでチェーン全周に塗っていく。

臭いは低臭な部類で、油粘土みたいな臭いがする。

近くで嗅がない限りは特に気にならないと思う。

ブラッシング

CB-4をチェーン全周に塗った後、チェーンやチェーンリング、ディレイラーのプーリーなどのブラッシングをする。

ブラッシングでは、CB-4の細かい粒子が目に入り少し違和感を感じるのが気になった。

ウエスで拭き取り

油分の多いチェーンクリーナーなので、一度ウエスで拭き取る。

中性洗剤で水洗い

バケツ一杯の水に中性洗剤を溶かしてブラシでチェーンを洗う。

中性洗剤で洗い流す作業でも、チェーンと合わせてプーリーとチェーンリングをブラッシングする。

繰り返し

ここまでの流れを繰り返す。

  1. チェーンに塗る
  2. ブラッシング
  3. 拭き取る
  4. 中性洗剤で水洗い

今回は2度行った。

最後に水洗いをしてウエスで拭き上げて終わり。

仕上がり

ビフォー
アフター

上記の作業後、指でチェーン全周を擦ったビフォーアフターが上の写真。

汚れがほとんどつかない状態。

洗浄力はかなり高い。

まとめ

高洗浄力、低臭なチェーンクリーナーPark Tool CB-4。

メーカー的には、チェーン洗浄器(CM-5.3 サイクロン)と一緒に使うのを推奨されているけど、CB-4単体で使っても十分高性能なチェーンクリーナーだと思う。

ただし価格は一本2000円ほどと高価な部類。

洗浄力

評価 :4/5。

洗浄力は高い部類。

使いやすさ

評価 :4/5。

チェーンオイル配合のチェーンクリーナーなので、洗浄後そのまま走っても問題ない。

チェーン洗浄器(CM-5.3 サイクロン)とのペアで使うなら、使いやすさは高いと思われる。

手作業での洗浄であれば、コップなどの容器に移し替えてブラシでチェーンへ塗らなくてはならないので、その分使い勝手は下がる。

臭い

評価 :4.5/5。

直接ボトルに鼻を近づけてかぐと土粘土のような臭いがするが、チェーン洗浄中は何も気にならないレベルの低臭。

価格

評価 :2/5。

472mlで2000円ほど。

高価な部類。


ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました