取り外したフロントディレイラーを取り付ける際の注意点

自転車メンテナンス
この記事は約4分で読めます。

フロントディレイラーを取り外した後、再度同じフロントディレイラーを取り付ける場合、そのまま取り付けてしまうとうまく調整ができなくなるかも知れない。そんなことに気がついたので備忘録として書いておく。

サポートボルトという存在

FD-5800のサポートボルトを2mm六角レンチで調整

いつの世代からなのか、フロントディレイラーにはサポートボルトなるパーツがある。サポートボルトはフロントディレイラーとフロントチェーンリングを平行に調整するパーツだ。シマノのマニュアルを読むと、FD-5800世代のものもFD-R7000世代のものもサポートボルトの調整について記載がある。

Manuals & Technical Documents

(参考)シマノ マニュアル&技術資料

サポートボルトはフロントディレイラーを取り付ける際に、一度調整をしてしまえばその後は通常触ることが無いパーツだ。ロー側調整ボルトやトップ側調整ボルトと同じような存在で、ディレイラーの位置決めをするためのパーツなのだ。通常はあまり触ることの無い部分だが、私は落車でフロント変速の不調をきたした際に、フロントディレイラーの取り付けからやり直す事があった。

シマノのマニュアルによると、サポートボルトは直付やバンドアダプターを使って取り付ける場合に必要なようだ。

サポートボルトの位置

あまり馴染みの無いパーツで、しっかり観察しないとどこにあるのか分かりにくいので、写真で示しておく。

赤い丸で囲っているところにサポートボルトがある。

フレームに取り付けられた状態で見てみると、車体右側から良く見える。

サポートボルトの頭が見える。2mm六角レンチで回せる。
真横から見るとここにある。

フレームから取り外して、ディレーラーの裏側を見てみると、ボルトの先端側が確認出来る。

ディレーラーの裏側から見る。このボルトの先端がフレームに当たる仕組みだ。

サポートボルトの機能

サポートボルトの機能は、フロントチェーンリングとフロントディレーラーを平行な位置に調整することだ。

サポートボルトを締める方向へ回すと、サポートボルトをフレームに押し付ける形でフロントディレイラーの角度調整ができる。

下の写真で、サポートボルトの調整前後を比べてみる。

  • サポートボルト調整前
サポートボルト調整前。ボルトは緩めている状態。
調整前の拡大図。チェーンリングとディレーラーの平行が取れていないのが分かる。
  • サポートボルト調整後
サポートボルト調整後。ボルトは締めている状態。
調整後の拡大図。チェーンリングとディレーラーの平行が取れている。

私の失敗

サポートボルトを締めるとフロントディレイラーからボルトが少しはみ出したような状態になる。その為フロントディレイラーを取り外し、そのままの状態(サポートボルトを締めた状態)で再度フレームにフロントディレーラーを取り付けてしまうと、フロントディレイラーが通常の取り付け状態に収まらない。

下の写真のようにサポートボルトがディレーラーから凸していない状態にしてフレームに取り付ける必要がある。

サポートボルトを緩めた状態。この状態でフレームに取り付けた方が良い。

下の写真のように、サポートボルトがディレーラーから出ている状態では、フレームに正しい位置で組付けができない。組付け後にサポートボルトを緩めても、チェーンリングとディレーラーを平行に出来なかった。

サポートボルトを締めた状態。ボルトがディレーラーから凸してフレームに接触するようにできている。この状態で取り付けると調整が上手くいかなかった。

私が経験したことは、サポートボルトを緩めてもフロントディレイラーが正常範囲まで戻らず、チェーンリングとフロントディレイラーの平行が取れない状態に陥ってしまった。通常の調整ができなくなりディレイラーの故障を疑ったが、サポートボルトを緩めてから取り付けを行うことを忘れていたことが原因だと気がついた。

忘れていたというか、『フロントディレイラーを取り外した場合にはサポートボルトを緩めないといけない』ことを知らなかった。ここに気がつくまでだいぶ時間を要してしまった。

なので、フレームからフロントディレーラーを取り外した際には、サポートボルトを緩めてから取り付けることをオススメする。普通に考えれば当たり前のことだけれど、フロントディレーラーの機構をちゃんと理解していないと分かりにくい部分だと思う。

フレームに再度取り付ける前に、サポートボルトは緩めておくと良い

これを忘れないだけで、難しいフロントディレイラーの調整でおかしな迷宮入りをせずに済むかも知れない。

きっと、新品を取り付ける場合はサポートボルトは緩められていると思うので、マニュアルに沿って作業すれば問題は起こらないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました