【カシミール 3Dでトラック間引き】Ride With GPSのGPXをetrex30xで使えるようにする

ハウツー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク




RIDE with GPSから取り出したGPXを、Garmin etrex30xに問題なく使えるようにするまでの手順。

この記事ではソフトウェアは(無料でも使える)地図ナビデーターカシミール 3Dを使って、トラックポイント間引きの方法を書いていく。

etrexシリーズとRide with GPSの相性問題

現行モデルのeTrex32x・22x・10J・10、eTrex Touch35J・25Jなども含めたeTrexシリーズ全般のトラック(軌跡ログ)の保存上限は10,000ポイントまで。

自分が所有しているeTrex30xも10000ポイントまでしか保存できない。

【引用】eTrex30x トラック:10000ポイント、200保存ログ

対してRide with GPSから取り出したGPXは、eTrexシリーズのトラック上限10,000ポイントを超えている場合があるため、eTrexで表示させると10,000ポイントを境にルートが途切れてしまう問題がある。

例えば、先日参加した【BRM104近畿200km神戸 お正月伊勢参りLucky Arrow(N2BRM)】のRWGPSマップは下の通り、距離は203.2kmとある。

そのデータを編集無しでそのままeTrex30xに入れて表示をすると、下のようにルートが168.8km時点で途切れてしまう。

Ride with GPSからeTrexへGPXを移す際には、トラックログを10,000以下に修正しないといけない。

ブルべでミス

これに気づかずミスしたブルべがあった。

途切れたルートに現地で気づき、スマホを使ってなんとか完走した。

ここからはカシミール 3Dを使ってトラックの間引きをする方法を書いていく。

カシミール 3D

カシミール 3DはWindows対応の地図ナビゲーター。

【Ver9.3.8, 2022/02/02公開, Windows XP/Vista/7/8/8.1/10対応 Mac非対応(Paralles Desktopでの使用報告有り)】(2022.2.3時点)

カシミール3D / 風景CGと地図とGPSのページ

今回の用途だと、無料版のカシミール3D フリー基本セットでできる。

カシミール / ダウンロード

作業の流れ

作業の流れは

  1. Ride with GPSからGPXをエクスポート
  2. カシミール 3DへGPXをインポート
  3. カシミール3Dでトラックを10,000以下に減らす
  4. カシミール3Dからトラックを減らしたGPXをエクスポート

という感じになる。

説明には【BRM104近畿200km神戸 お正月伊勢参りLucky Arrow(N2BRM)】のルートを使わせてもらう。

Ride with GPSからGPXをエクスポート

まずRide with GPSでダウンロードしたいルートのページでGPXをエクスポートする。

GPXファイルをエクスポート をクリック

.gpxファイルをダウンロード をクリック

をして、任意のフォルダに保存する。

これでエクスポート完了。

カシミール 3DへGPXをインポート

カシミール 3Dを開き、マップ画面上にRide with GPSからエクスポートしたGPXをドラッグ&ドロップする。

するとRide with GPSと同じルートが表示される。

これでインポート完了。

カシミール3Dでトラックを間引く

次にカシミール3Dで、トラックを10,000ポイント以下に間引く。

・まず、メニューバーから 編集 → GPSデータ編集 をクリック。

・GPSデータエディタが開いたら

  1. トラック を左クリック 
  2. トラック名リストの表示された名前の上で 右クリック
  3. トラックポイントの間引き を左クリック

・指定するポイント数で減らすに◎を付けて、距離優先 を選択する

・ポイントを 10,000以下の数字 を入力して、OK を押す。

・元のファイル名の後ろに 間引き後 と書いたファイルが作成されれば成功。

これでトラックが10,000以下に間引かれたGPXが作れた。

カシミール3Dからトラックを間引いたGPXをエクスポート

次に、間引いたGPXを保存先に保存する。

保存先はPCでもいいし、接続しているeTrexに直接保存しても良い。

間引いたGPX を右クリック  ファイルの書き出し を左クリックし保存先を選択し保存する。

これでトラック10,000ポイント以下に間引いたGPXを保存できた。

ルートのみであれば以上の作業で完了。

最後に念のためeTrexで動作確認する。

まとめ

これでRide with GPSから取り出したGPXをeTrexで使える。

ここまでの作業ではルートのみだが、ブルべでのPCやフォトチェック等をウェイポイントに登録するのであれば、下の記事に書いたウェイポイント作成を行う。


eTrex 32x
ガーミン(GARMIN)
¥65,780(2022/02/06 16:14時点)
「Amazon.co.jpが販売、発送します」以外の認定ショップはメーカーサイトをご確認ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました