【KMZ→GPX変換】カシミール3Dでできる【トラック間引き】

ハウツー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク




前の記事

【Ride with GPS→Googleマイマップ】ウェイポイントとルート作成手順【eTrex】

の続きの作業。

  1. (前の記事)Ride with GPSからブルべの走行データ(GPX)を手に入れる
  2. (前の記事)Googleマイマップでウェイポイントを作りブルべ走行データを重ねる
  3. (前の記事)Googleマイマップから走行データとウェイポイント情報が入ったKMZを手に入れる
  4. (この記事)カシミール3DにKMZを入れてトラック間引きをしてからGPXでエクスポートする

この記事では、カシミール3DでKMZからGPXへファイル形式を変換と、トラック間引きをする手順を載せている。

手順としては

  1. 前の記事で作ったGoogleマイマップからエクスポートしたKMZをカシミール3Dに読みこませる
  2. カシミール3Dでトラック間引き
  3. カシミール3DからGPXをエクスポートする

という具合。

カシミール 3D

カシミール 3DはWindows対応の地図ナビゲーター。

今回の作業は、カシミール3D フリー基本セット (無料)で可能 

KMZをカシミール3Dに読みこませる

前の記事の最後にGoogleマイマップから手に入れたKMZを、カシミール3Dに読みこませる。

読みこませる方法は、

  • KMZファイルをドラッグアンドドロップ 
  • カシミール3Dで、 ファイル → GPS各種ファイルを読む

の2種類方法がある。

これで地図上にルートとウェイポイントが表示されればKMZ読み込み成功。

トラック間引き

次にカシミール3Dで、トラックを10,000ポイント以下に間引く。


まず、メニューバーから 編集 → GPSデータ編集 をクリック。

GPSデータエディタが開いたら

  1. トラック を左クリック 
  2. トラック名リストの表示された名前の上で 右クリック
  3. トラックポイントの間引き を左クリック

指定するポイント数で減らすに◎を付けて、距離優先 を選択する

ポイントを 10,000以下の数字 を入力して、OK を押す。

元のファイル名の後ろに 間引き後 と書いたファイルが作成されれば成功。

これでトラックが10,000以下に間引かれたGPXが作れた。

元々のファイル(間引き後の上のファイル)は削除しておく。

GPXをエクスポートする

最後に、カシミール3DからGPXをエクスポートする。

eTrex等端末をPCとUSB接続していれば、カシミール3DからeTrexへ直接データを送ることができる。

PC等任意の場所にデータ保存することも可能。

eTrexにGPXを送信

eTrexをPCとUSB接続している状態であれば、この作業で直接eTrexにデータ保存できる。

PCにデータ保存したい場合はもう一つ下の項目の作業をする。


トラック間引きと同じGPSデータエディタの画面で作業をする。

まず、

通信 → GPSへアップロード予約 → すべて

を選択する。

そうすると、アップロード/ダウンロードリストが開くので

アップロード → すべて

を選択する。

次は、GARMINと通信 が開くので、

  • マスストレージ接続(最新機種はコレ!) を選択
  • GARMINのドライブ名 から ドライブ(A~Z) を選択(eTrexが接続されているドライブを選択)
  • 開始 をクリック

これでeTrexにルートとウェイポイントの両方が送信された。

確認してみると下のような感じになる。

階層は、Garmin eTrex 30x(j:)/Garmin/GPX にGPXが保存されている。

この方法だと、

ルート(正しくはトラック)のファイル名は (kash_trk_) から続き

ウェイポイントのファイル名は (kash_wpt_) から続く形で保存される。

PCにGPXを保存

二つ目の保存方法(この方法でもeTrexにも保存できる)。

上の作業と同じく、GPSデータエディタの画面で行う。

ルート(正しくはトラック)を保存する場合

GPSデータ → トラック → GPSデータを右クリック → ファイルの書き出し 

で保存する。

(ファイル名は任意で記入し、ファイルの種類はGPXファイルを選ぶ)

ウェイポイントを保存する場合

GPSデータ → ウェイポイント → ウェイポイント(複数であればマウスで範囲選択)→ ファイルの書き出し

で保存する。

(ファイル名は任意で記入し、ファイルの種類はGPXファイルを選ぶ)


これでトラック10,000ポイント以下に間引いたGPXウェイポイントのGPXをeTrexもしくはPCに保存できた。

まとめ

カシミール3Dを使って、KMZからGPXに変換と、トラック間引きをまとめてする方法を書いた。

前の記事の作業と合わせると、下のような流れになる。

  1. (前の記事)Ride with GPSからブルべの走行データ(GPX)を手に入れる
  2. (前の記事)Googleマイマップでウェイポイントを作りブルべ走行データを重ねる
  3. (前の記事)Googleマイマップから走行データとウェイポイント情報が入ったKMZを手に入れる
  4. (この記事)カシミール3DにKMZを入れてトラック間引きをしてからGPXでエクスポートする

ウェイポイント作成は手作業なので時間がかかるが、そのほかはポチポチしていくだけでできる。

前の記事

eTrex 32x
ガーミン(GARMIN)
¥65,780(2022/02/06 16:14時点)
「Amazon.co.jpが販売、発送します」以外の認定ショップはメーカーサイトをご確認ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました