【③OSインストールでトラブった編】ゲーマー系自転車乗りが考えた GoPro9 Black 動画編集自作PC

その他
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク




(前回からの続き)

前回で考えたPC構成でパーツ購入を済ませた。

メーカー製品名参考URL
CPUAMDRyzen 5 5600X BOXAMD
マザーボードASUSTUF GAMING B550-PLUSASUS
メモリCFDSelection W4U3200CM-16G [DDR4 PC4-25600 16GB 2枚組]CFD
ストレージWESTERN DIGITALWD Blue SN550 NVMe WDS100T2B0CWestern Digital
グラフィックボードColorfulGeForce RTX 2060 SUPER 8G LimitedLinks
電源ANTECNeoECO Gold NE650GLinks
PCケースThermaltake Versa H26 ブラック株式会社アスク
購入したPCパーツの構成

PCの運用目的はGoPro 9 Blackで撮影した動画(最大5K)再生編集とオンラインゲームフォートナイトの快適プレイ。

この記事ではOS(Windows 10)インストール作業でUSBメモリのインストールメディアではうまくいかず、DVD-Rのインストールメディア作成でうまくいったことを書いていく。

PCの組み立てとBIOS起動

PCの組み立てについては省く。

組み立て方法はいろんなサイトを参考にしながら、確実にゆっくりと行い(計4,5時間かかった・・・汗)問題は起こらず、BIOS起動まで至った。

ASUS TUF GAMING B550-PLUS のUEFI BIOS画面。カッコいい。

OSインストール

ここからはPCの組み立て後のOSインストールについて書いていく。

OSはWindows 10 Pro 64bit。

USBメモリのOSインストールは失敗

OSのプロダクトキーを購入し、下の1-4の流れでうまくいくはずだった。

  1. Microsoftサイトで Windows 10 のISOファイルをダウンロード
  2. USBメモリにイメージファイルとして保存
  3. USBメモリのイメージファイルでOSインストール作業
  4. Windows 10 インストール完了

ところが上の1,2はうまくいったのだが、

 3.USBメモリのイメージファイルでOSインストール作業

で下の画面が出てつまづいた。

画像に書かれている文字をテキストに起こすと以下の通り。

ドライバーの読み込み

お使いのPCに必要なメディア ドライバーがありません。メディア ドライバーの種類としては、DVD、USB、ハードディスク ドライバーなどがあります。ドライバーが入ったCD、DVD、USBフラッシュ ドライブをお持ちの場合は、挿入してください。

注意:Windows のインストールメディアがDVD ドライブまたはUSBドライブに入っている場合は、この手順のために取り出してかまいません。

そこでこちらのサイトを参考にして、USBメモリをPCのすべてのUSBポートに差し替えてPC再起動を繰り返してみたが、結果変わらずという状況。

DVDインストールメディアでインストール完了

もう少し調べてみると結果的にMicrosoftのヘルプが参考になった。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2755139/a-media-driver-your-computer-needs-is-missing-or-a-required-cd-dvd-dri

メディア ドライバーお使いのコンピューター必要なは不足している”または”必要な CD または DVD ドライブのデバイス ドライバーがありません”というエラー メッセージ Windows をインストールするとき

ここで記載されている原因は以下の通り。

インストール DVD は、セットアップ プロセス中に削除されます。

低品質の DVD がインストール DVD の作成に使用されました。

インストール DVD が書き込まれる際に、速度が速すぎます。

DVD ドライブが、メディアを読み取ることができません。

ISO ファイルが壊れています。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2755139/a-media-driver-your-computer-needs-is-missing-or-a-required-cd-dvd-dri

解決策は以下のように書かれている。

低速のインストール DVD に書き込みます。

インストール DVD を作成するのに、優れた品質の DVD を使用します。

DVDドライブの BIOS ファームウェアを更新します。

Windows 7 の USB DVD ダウンロード ツールを使用して、ブート可能な USB フラッシュ ドライブを作成して、USB フラッシュ ドライブを使用して Windows をインストールします。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2755139/a-media-driver-your-computer-needs-is-missing-or-a-required-cd-dvd-dri

手っ取り早く手堅い解決方法は、インストールメディアをDVDで作成してインストールする方法、と解釈できる。

なお、インストールメディアを作成する注意点は、以下のように書かれている。

インターネットに接続していること (インターネット サービス プロバイダー料金が適用される場合があります)。

コンピューター、USB、または外付けドライブに、ダウンロードに十分なデータ保存スペースが存在すること。

メディアを作成する場合は、8 GB 以上の空き領域がある空の USB メモリーまたは空の DVD(および DVD 書き込み用ドライブ)。USB または DVD 上のコンテンツはすべて削除されるため、空の USB または DVD を使用することをお勧めします。

ISO ファイルを DVD に書き込む際、ディスク イメージ ファイルが大きすぎるというメッセージが表示された場合は、二層 (DL) DVD メディアを使用する必要があります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10#d2784474-fdb0-4e9d-9e47-5e88c0e053ec

8GB以上のDVD、つまり2層(DL)DVDが必要だと書かれている。

インストールメディアを作成するためのDVDを購入するときは少し注意が必要。

店舗によく置いてあるDVD-Rのほとんどは片面一層。

2層(DL)DVD-Rは、ホームセンターやTUTAYAなどの実店舗を見て回ると在庫していない場合が多かった。

私はGEOで発見。

とある夜に実店舗を探し回って発見した片面2層DVD。なかなか見つけられず、発見できてうれしかった。

そして、DVDインストールメディアでWindows 10を無事インストールすることに成功した。

無事起動

まとめ

初めての自作PCで、パーツの組み付けで問題が起こらなかったのは幸い。

OSインストールは余裕だろうと高をくくっていたところでつまづいたけれど、OSインストールメディアを作るのにもコツがいるというのは勉強になった。

次からはDVD-R(2層)でインストールメディアを作成し、インストール作業をスムーズにしたい。

これでOSのインストールまでは作業完了。

ここからは動画の再生編集とフォートナイトのゲームプレイで、望み通りの能力を発揮してくれるのか、実際のPC性能はどんなものなのか。

(続く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました