BARBIERI バイオ・ディグリーザーのレビュー

2.5
ケミカル
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク




BARBIERI バイオ・ディグリーザーは、洗浄力は中程度、香りが強く、環境負荷の少ない生分解性チェーン洗浄液。

製品情報

容量:250ml

特徴:洗浄力に優れ、環境負荷の少ない生分解性チェーン洗浄液です。

注意:使用前によく振ってください。使用後はチェーンに付いた余分な液を拭き取り、乾いたら直ちに潤滑剤を塗布してください。無害ですが、決して飲まないでください。また、子供の手の届かないところに保管してください。目に入ったり肌に付いた場合は、すぐに水で洗い流してください。

製品説明から引用)

各社のチェーンクリーナーに使用可能とも記載があるので、チェーンクリーニングマシンに注ぎ使用することが想定された製品のよう。

今回は、マシンは使わず手作業での洗浄を行う。

使い方

使用前に製品を良く振ってから容器に移す。

1回の使用量はこれぐらいの少量でチェーンとスプロケットの清掃ができる。

臭いは、好き嫌いが分かれるかもしれないが、強めの柑橘系の香りがする。

チェーンに塗る

チェーン全周に刷毛でバイオ・ディグリーザーを塗る。

ブラッシング

バイオ・ディグリーザーをチェーン全周に浸透させた後は、ブラシでチェーンをブラッシングする。

ウエスで拭き取り

説明書き通りウエスで拭き取りをする。

中性洗剤で水洗い

バケツ一杯の水に中性洗剤を溶かしてブラシでチェーンを洗う。

中性洗剤で洗い流す作業でも、チェーンと合わせてプーリーとチェーンリングをブラッシングする。

バイオ・ディグリーザーは、チェーンに塗る作業ではあまり汚れが落ちず、この作業で一気に汚れが落ちる印象がある。

繰り返し

ここまでの流れをもう一度繰り返す。

  1. チェーンに塗る
  2. ブラッシング
  3. ウエスで拭き取り
  4. 中性洗剤で水洗い

最後に水洗いをしてウエスで拭き上げて終わり。

仕上がり

上記の作業後、指でチェーン全周を擦ったビフォーアフターが下の写真。

チェーン内部の汚れは結構残っている。

チェーン表面の汚れはこの作業で十分落とせている。

まとめ

BARBIERI バイオ・ディグリーザーは、洗浄力は中程度、香りが強く、環境負荷の少ない生分解性チェーン洗浄液。

洗浄力

評価 :2.5/5。

洗浄力はそれほど高くはない。

チェーンに塗る段階ではあまり汚れが落ちないので不安を感じるが、全行程を終えると案外汚れが落ちた。

使いやすさ

評価 :3/5。

ボトル式で、溶剤系なので、容器に移し替えることと、洗浄後に拭き上げる必要があることがマイナス点。

作業の手間が少し増える。

チェーンクリーニングマシンで使う場合、感想が変わるかもしれない。

臭い

評価 :2/5。

強い柑橘系の香りがする。

近くで嗅ぐと若干クセのある感じがするので、人によっては好き嫌いが分かれるかもしれない。

価格

評価 :1/5。

容量250mlで1500円。

かなり高価な部類。


ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました