【リムブレーキホイール】DT Swiss PR 1400 DICUT (後輪)を購入

自転車アイテム
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク




DT Swiss PR 1400 DICUT(後輪)を購入し、スペックをまとめた記事。

購入動機

以前の記事に書いた、愛用していたマビック キシリウムプロエグザリットSLの後輪がフリーボディ摩耗により寿命を迎えた。

通勤用の後輪ホイールは今後マビック アクシウムに頑張ってもらうとして、遊び用の後輪ホイールを一つ導入することにした。

使用用途は、ロードバイクCAAD12で乗るロングやグラベル等のライド。

購入までに

メーカーはDT Swissと決めていたので、その中から条件に合うものを挙げていった。

条件は

  • アルミリムブレーキホイール
  • ブレーキ面は通常のもの(OXICではないもの)
  • ロープロファイル

の二つで、この条件に当てはまるのが以下の4本。

  • PR1400 DICUT(リム高さ21mm)
  • PR1600 SPLINE(リム高さ23mmと32mm)
  • P1800 SPLINE(リム高さ23mm)

4つのモデルの違いを上の表にまとめたが

  • 重量:806gから972gまで
  • リムの高さ:21mm、23mm、32mm
  • ハブのタイプ:240、350、370(番号が小さいほど軽量、高額)

と違いがある。

迷ったのは値段が高い順番に、

  • PR 1400 DICUT(リム高21mm)
  • PR 1600 SPLINE(リム高23mm)
  • P 1800 SPLINE(リム高23mm)

のロープロファイルモデル。

PR 1600 SPLINEとP 1800 SPLINEは重量は8gの差しかない上に価格が$266の差がある。

一番高額なPR 1400 DICUTを選択肢に入れなければ、一番廉価モデルであるP 1800 SPLINEも良いのでは、と思ってしまう。

妥協しそうになったがそうなると通勤用ホイールマビック アクシウムとそれほど差がないので、新ホイールを購入する意味すらあやふやになってしまう。

購入店のオキドキライフスタイルの沖さんにもPR 1400 DICUTを勧められ、購入に至った。

発注が2022年11月6日で、受け取りが11月10日。

あっという間に手に入った。

製品説明

PR 1400 DICUT(後輪)

PR 1400 DICUT(後輪)

正味重量:806g

タイヤインターフェース:Hooked / Crotchet tubeless TC

リム高さ:21mm

リム内幅:18mm

リム外幅:21.5mm

ハブタイプ:240

フリーハブシステム:Ratchet System 36 SL

付属品

  • RWS Steel
  • Tubeless tape 21 mm
  • TL valve Asy Alu black18-25 mm
  • SRAM XDR Road freehub body kit

DT Swiss より引用
黒と白と銀の落ち着いたカラーリング

重量

カタログ重量は806gだが実測では845g(RWSを除き、チューブレステープ込み)。

39g差なのでカタログ鯖読みすぎだと思ったけれど、よく考えてみると、付属品のチューブレステープが購入時に巻かれているので、テープ込みの重量である。

チューブレステープ

チューブレステープはクリンチャータイヤを使う場合、リムテープとしてそのまま使える。

チューブレステープが購入時に巻かれている

PR 1400 DICUTに適合するチューブレステープは21mm。

RWS Steel

DT SWISS謹製RWS(Ratchet wheel mounting System)が付属している。

赤いロゴが美しい

実測重量は54g。カタログ重量は53gなので誤差範囲。

DTスイス (DT SWISS) HWQASM00S1050S RWS スチールシャフト 対応エンド幅 : 130mm HUA02802
DTスイス (DT SWISS)
¥5,280(2022/11/20 22:07時点)
HWQASM00S1050S RWS ● スチールシャフト ● 対応エンド幅 : 130mm ● 50g

付属品

付属品は先に述べたチューブレステープとRWSを含めた以下の4点。

  • チューブレステープ
  • RWS steel
  • チューブレスバルブ
  • SRAM XDR ROAD フリーハブボディ

チューブレスバルブ

SRAM XDR ROAD フリーハブボディ

タイヤの適合

DT SWISSホイールは全てチューブレス対応されていて、チューブレステープ付属モデルはチューブレスレディ対応とのこと(参考:DT Swiss)。

製品説明でタイヤインターフェースはHooked / Crotchet tubeless TCと記載がある(下記参照)。

Hooked / Crotchet tubeless TCとは

フック付き(Hooked)またはクロチェット(crotchet)とは、リムのフランジの形状 を指します。この形状では、フランジにフックが付いています。ここにタイヤのビードがひっかかり、高圧(タイヤ空気圧5bar以上)でも安全な機能を保証します。チューブレスとはチューブなしで使用できるリムのことですが、チューブを入れてセットアップすることも可能です。

DT Swiss より引用

つまりPR1400 DICUTはフック付きチューブレスレディリムでクリンチャーも使用できるホイールとなる。

なお、リムを良く観察すると適合するタイヤについての記載がある。

写真には写しにくいTUBELESSについての記載
TUBELESS
TIRE WIDTHMIN 23mmMAX 56mm
MAX TIRE PRESSRE109PSI 7.5BAR41PSI 2.8BAR
チューブレスタイヤの適合表
こちらはTUBE TYPE(クリンチャー)についての記載
TUBE TYPE
TIRE WIDTHMIN 23mmMAX 56mm
MAX TIRE PRESSRE131PSI 9.0BAR51PSI 3.5BAR
クリンチャータイヤの適合表

これらによると、チューブレスタイヤ、クリンチャータイヤともに最小23c 最大56cの取り付けが可能で、それぞれに最大空気圧の記載がされている。

このホイール用タイヤはiRCのASPITE PRO RBCC 25c(クリンチャー)を購入し取り付けた。

IRC(アイアールシー) ASPITE PRO RBCC HP-99 700×25C
井上護謨工業(Inoue Rubber)
¥5,680(2022/11/20 23:05時点)
ASPITE PRO RBCCは、タフで耐パンクに優れ、グリップ力に長けたクリンチャータイヤ。 高い性能をバランスよく備えていることにより、トレーニングにも、レースにも1本で対応可能。 しなやかな乗り心地と耐久性はロングライドを行うサイクリストにも快適なライドを提供。従来品から、素材、内部構造、パターン設計を新しく開発。最高の耐パンク性能はそのままに、グリップ力、転がりの良いグレードアップモデルに生まれ変わった。180TPIのケーシングと構造が未体験のしなやかな走りを生み出し、iRCの独自技術であるRBCコンパウンドがウェットでもドライであっても路面を掴み、確実なグリップの感触がライダーに安心感を与える。 空気圧(kPa)600-800 空気圧(kgf/㎠)6.0-8.0 空気圧(PSI)90-115 重量(g)220 空気圧(kPa)600-800 空気圧(kgf/㎠)6.0-8.0 空気圧(PSI)90-115 重量(g)220

ハブ

PR 1400 DICUTの240ハブにはダイヤモンドカット加工が施されている。

このPR 1400 DICUT OXIC 21の「DICUT」とは

「ダイヤモンドカット」の略で、

高精度な切削加工が施され、軽量かつ空力性能に優れたハブです。

Y’s ROADより引用

PR 1400 DICUTのフリーボディタイプはRatchet System 36 SL

フリーボディ外観。スポークはドライブ側非ドライブ側ともエアロスポーク。

DT Swissのラチェットシステムは以下の4つラインナップがあり

  • RATCHET EXP(最軽量)
  • RATCHET EXP OS(e-BIKE用最軽量)
  • RATCHET(DT Swiss 初期からの製品)
  • RATCHET LN(廉価版、ポールハブ)

PR 1400 DICUTはミドルグレードのRATCHETが採用されている。(参考:DT Swissより)

Ratchet System 36 SLの36はラチェットの歯数を、SLは軽量化されていることを示している。

Ratchet Systemを搭載したハブを構成するラチェットには、36個の歯があります。歯は18、24、36 SLおよび54 SLに変更できます。「SL」とはSuper Lightの略であり、ラチェットを軽量化するため追加工していることを意味します。

DT Swiss より引用
ラチェットの歯 36 SL

ホイールを眺めていて珍しく感じたのが、非ドライブ側のロックリングの先端、フレームに固定する部分がツルツルに仕上がっていること。

フレームに固定する部分だが滑り止めが付いていない。

スルーアクスルであれば問題無さそうだが、クイックリリースでこれは大丈夫なのか。

まとめ

実走前にPR 1400 DICUTのスペックをまとめてみた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました