【高洗浄力 有能】 WAKO’S チェーンクリーナーのレビュー

4.5
メンテナンス
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク




ワコーズ チェーンクリーナーのレビュー記事。

製品情報

製品説明

用途:チェーンの油・グリース汚れ洗浄用【業務用】

内容量:330ml

種類・形式:油性・エアゾール

成分:石油系溶剤、非イオン系界面活性剤、防錆剤

製品説明より引用

折りたたみ式ノズルのスプレー缶タイプ。

pH

pH試験紙で測定してみると、pH7に一番近い色味となった。

なので中性だと思われる。

使用方法

使用方法を参照すると

  1. 缶を良く振る。
  2. スプレーしてチェーンをブラシで汚れをこすって洗浄する。
  3. ウエスで拭き取るか、水やパーツクリーナーで洗い流す。

という流れで作業するよう書いてある。

今回は使用方法の通りに、スプレーしてブラッシング、ウエスで拭き取った後水で洗い流す、という手順で行う。

チェーンへ吹き付ける

チェーンへ吹き付ける。

折りたたみ式ノズルのスプレー缶なので、ノズルの着脱や紛失をせずに済み使いやすい。

スプレーの噴射力はそれほど強くないが、チェーン全体にチェーンクリーナーをいきわたらせるには十分な力。

噴射力で汚れを吹き飛ばすタイプではなく、チェーンにクリーナーを浸透させて汚れを溶解させて汚れを落とすタイプだと思う。

おりたたみ式ノズルは使いやすい

スプレーしている間の臭いはかなり低臭。ほとんど気にならないレベル。

ブラシでこする

付属のブラシでチェーンをこする。

チェーンのついでにプーリーやチェーンリングも裏面表面を擦っておく。

付属ブラシ

ウエスで拭いて中性洗剤で洗い流す

ウエスでチェーンを拭く。(この工程は省いても良いと思う)

ウエスでチェーンクリーナーを拭く。

ウエスでいったん汚れを拭き取った後、ブラシを使い中性洗剤でチェーンを洗い流す。

中性洗剤とブラシで洗い流す工程

製品説明の通り水溶性なので、水に汚れが溶けて黒く流れ落ちるのがよくわかる。溶剤系とは違い水洗いできる点が使いやすい。

ウエスで拭き上げる

中性洗剤で洗い流した後は軽く水ですすぎ、ウエスで拭き上げる。

チェーンに残る水分をできるだけ拭き取る

水分を拭き取ってから指でチェーンを一周こすって汚れを確認したのが下の写真。

人差し指に汚れがうっすら付いている。

これしか汚れが付かないならチェーンはキレイになっているはず

十分キレイになっているが洗浄力検証の為に、もう一周洗浄作業をする。

繰り返し

ここまでの流れ、

  1. チェーンへ吹き付ける
  2. ブラシでこする
  3. ウエスで拭いて中性洗剤で洗い流す
  4. ウエスで拭き上げる

を2セット行った。

仕上がり

チェーン1周を指でこすって、汚れをチェック。

中指にうっすらと汚れが乗っているがほとんど見えない。

2回目の作業でさらに汚れが落とせたのが分かる。

ここまで汚れが落とせれば十分。

まとめ

ワコーズ チェーンクリーナーは、洗浄力が高く水洗いできる使い勝手の良いチェーンクリーナーと言える。

使っていて不快な臭いもしないし、何も不満点が浮かばない。

仕上がり。駆動系がピカピカに。

洗浄力

評価 :5/5。

高いレベルの洗浄力。

使いやすさ

評価 :5/5。

スプレーなので簡単に噴霧できるし、水で洗い流せる点もポイントが高い。

臭い

評価 :4.5/5。

かなり低臭。

スプレー噴霧しても気にならないレベル。

価格

評価 :2.5/5。

容量330mlで1,500-1,700円ほど。

中ごろから少し高い価格帯。


ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました