【リアディレイラー】RD-R7000-SSを購入

自転車アイテム
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク




以前の記事で、小枝が踏まれた拍子にプーリーに巻き込まれて、ディレイラーハンガーとプーリーケージが壊れたことの後日譚。

RD-5800使い納め

上の記事でぶっこわれたディレイラーとディレイラーハンガーを修理して、快調に変速してくれていた・・・はずのRD-5800。

修理直後は調子が良いように思っていたけれど、テンションプーリーの脱輪が頻発するようになってきた。

さらに昔の記事↓↓で、走行距離が伸びたプーリーは脱輪を起こすことを書いていたが、今回の修理でプーリーはすでに新品交換している。

異常部位と疑われるRD-5800のB軸を手で動かしてみると、結構なガタが発生している。

B軸のガタは前からあったもので、B軸不良起因の変速不良は下の記事のB軸パーツの入れ替えで解消されていたが、今回のトラブルでまた悪化したのかもしれない。

で、大きなトラブルがないのをいいことに放置していたら、ディレイラートラブルをまた起こしてしまった。

またディレイラーハンガーがぶっ壊れてしまった。

ここまでトラブル連発するとさすがにRD-5800延命のモチベーションが湧かず、新品ディレイラー購入することに。

ちなみにRD-5800は2台所有していて、2台で約5万km走行に耐えてくれた。

RD-R7000-SS

今更ながらシャドーリアディレイラーRD-R7000-SSをようやくゲット。

と言っても、所有のMTBのリアディレイラーはシャドーで、初めて触るという感じではない。

使用中のカセットスプロケットはシマノCS-R8000(11-28T)

シマノ CS-R8000 11S 11-28T 12345791358 ICSR800011128
シマノ(SHIMANO)
¥10,650(2022/10/30 11:42時点)
SHIMANO(シマノ) ULTEGRA CS-R8000 カセットスプロケット11-28T(11S) ICSR800011128

RD-5800と同じ105グレードで、使用中のカセットスプロケットに適合するRD-R7000-SSを選んだ。

ディレイラーの取り付けについては、ケーブルの組付けと調整に少々手間取った。

RD-R7000本体のケーブル調整ボルトの調整幅は、RD-5800よりも少ないように思う。

そのため、リヤシフトケーブルの組付け調整が少々シビアに感じた。

また、エンドアジャストボルトの調整はとてもしやすく、以前のRD-5800のBテンションボルト(エンドアジャストボルトと同機能)と比較すると変速調整中の変化が分かりやすい(OT-RS900の良い影響もありそう)。

その他は、シマノのディーラーズマニュアル+勘頼りで組付けはできた。

驚いたのは、RD-R7000に同梱されているOT-RS900。

リアディレイラー側用のアウターケーシングでこれがとても柔らかく、シャドーディレイラーと内装ケーブルフレームの狭い角度でも無理なくケーブルを通すことができる。

こんな良いモノが売られていたなんて、古いモノを使っていると知らないことが増える。

変速機能はCAAD12との組み合わせでも問題なくとても良い感じ。

まとめ

長年使ったRD-5800からRD-R7000へ換装し、変速機能はCAAD12新品時に戻ったような感触を受ける。

今後ディレイラー周りのトラブルが起きないことを祈る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました