【チェーンクリーナー】D.I.D チェーンクリーナーのレビュー

3.0

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

メンテナンス
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク




D.I.D チェーンクリーナーのレビュー記事。

(モーターサイクル専用品D.I.D チェーンクリーナーを自転車チェーン洗浄で使用した感想を書く)

製品情報

成分:炭化水素油

容量:420ml(スプレー缶)

用途:二輪車ドライブチェーン用洗浄剤

種類・形式:油性(エアゾール)

モーターサイクル専用(X-リング/O-リング対応)

(製品説明に記載)

チェーンクリーナー | DID
D.I.Dチェーンクリーナー 高い洗浄力のシールチェーンに対応したクリーナー。 環境にやさしいノンフロン・ノン

液性を調べてみるとpH6辺りのよう。

洗浄するチェーン

今回は200km走行したチェーンを洗浄する。チェーンの種類はCN-HG601。

塗布していたチェーンオイルはKUREチェーンルブドライ。

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブドライ No.1602
KURE(呉工業)
¥1,180(2024/04/23 02:51時点)
成分:潤滑セラミックス(ボロン)、PTFE(フッ素樹脂)、エステル化学合成油、防錆剤、石油系溶剤

洗浄前のチェーンはこんな感じ。

スプロケットはこんな感じ。

グラベルライド後なので結構砂も混ざった汚れ方になっている。

使い方

チェーンにスプレー

チェーンにスプレーし、チェーンクリーナーを浸透させる。

取り外し式の金属ノズルは、チェーンへスプレーするのに使いやすい。

普通に油っぽい臭いがする。臭いが強いという程では無く普通程度。

ブラッシング

チェーンクリーナーを吹き付けた後は、ブラシでチェーンを擦っていく。

ウエスで拭き上げる

油性チェーンクリーナーなので、洗い流す前にウエスで拭き上げておく。

中性洗剤で水洗い

バケツ一杯の水に中性洗剤を溶かしてブラシでチェーンを洗う。

繰り返し

ここまでの流れを2回繰り返す。

  1. チェーンにスプレー
  2. ブラッシング
  3. ウエスで拭き上げる
  4. 中性洗剤で水洗い

最後に水洗い後ウエスで拭き上げて終わり。

仕上がり

チェーンオイルを注油する。

チェーンオイルを拭き上げるとこんな感じで汚れが出てくる。

洗浄力は普通レベルかと思う。

下の写真のようにスプロケットやチェーンリング、プーリーなどの表面の汚れを落とすには十分な洗浄力がある。

まとめ

D.I.Dチェーンクリーナーは、スプレー缶タイプの2輪車専用チェーンクリーナーで、洗浄力は中程度で実用的には十分だと思う。

油っぽい臭いがあり、室内向きではないと思う。

金属ノズルがしっかりしていて、スプレーしやすい。

一本約1,000円で購入できる。高くもなく安くもない価格。

洗浄力

★★★

洗浄力はそれほど高くない。

比べるならMOTOWN チェーンデグリーザーよりも洗浄力は高く、

WAKO’S パーツディグリーザーよりも洗浄力が低い。

使いやすさ

★★★★

油性チェーンクリーナーで手に汚れが付きやすく、洗浄後チェーンクリーナーをウエスで拭き上げる必要がある。

金属ノズルはスプレーが安定するし、チェーンへ吹き付けやすい。

臭い

★★★

スプレーをした際の臭いは普通に油っぽい感じがする。

室内で使用するのには向いていないが気分が悪くなるようなことは無い。

価格

★★★

価格は1000円前後。

主流な価格設定。

ワコーズ チェーンクリーナーは、洗浄力、臭いの点で優れている界面活性剤混合溶剤系チェーンクリーナー。

エバーズ チェーンクリーナーは、洗浄力が高い同価格帯の溶剤系チェーンクリーナー。


ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。

チェーンクリーナーのpH測定の結果です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました