【高洗浄力、使いやすい金属ノズル】エバーズ チェーンクリーナー のレビュー

4.0
ケミカル
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク




洗浄力が高く、金属ノズルでチェーンへ噴霧しやすいエバーズチェーンクリーナー。

製品情報

成分:石油系溶剤、噴射剤(LPG)

容量:420ml(スプレー缶)

用途:自転車、オートバイなどのチェーンおよびスプロケット外部の油脂等の汚れ除去・清浄用

塗装面、ゴム、プラスチック、Oリングを傷めませんので安心して使用できます。

容器の噴射口を逆さまにしないで使用してください

(製品説明に記載)

使い方

エバーズチェーンクリーナーは溶剤系クリーナーなので、ウエスで拭き上げる工程が入る。

チェーンにスプレー

車輪を手で回転させながら、チェーンから3~5cm位離してスプレーしてください。強い溶解力とスプレーの圧力で汚れを落とします。

製品記載から引用

製品の使用方法には上記のように書かれているので、スプレーの高圧で洗浄するのが正式だが、今回はじわじわとチェーンクリーナーをチェーンに染み込ませるように、スプレーの勢いを少なく調整して吹き付けていく。

チェーンクリーナーの高圧スプレーでチェーン内外の汚れを物理的に飛ばしても良いけど、チェーンクリーナーが汚れを分解するまでに時間が必要。

チェーンクリーナーの節約にもなる。

ブラッシング

チェーンクリーナーを吹き付けた後は、ブラシでチェーンを擦っていく。

チェーン内外の汚れを浮き上がらせるため。

ちなみに、エバーズ チェーンクリーナーにはブラシが付属している。

エバーズチェーンクリーナーの付属ブラシ

ウエスで拭き上げる

洗浄後は、布で軽く拭いてください。

製品記載から引用

エバーズ チェーンクリーナーは溶剤系なので、そのまま洗い流すよりもウエスで拭き上げる方が作業がはかどる。

中性洗剤で水洗い

ブラシでこすりながら中性洗剤水で水洗い。

ブラッシングをバケツ一杯分繰り返す。

繰り返し

ここまでの流れを繰り返す。

  1. チェーンにスプレーする
  2. ブラッシング
  3. ウエスで拭き上げる
  4. 中性洗剤水で水洗い

最後に水洗いをして終わり。

今回は2度行った。

仕上がり

上記の作業後、指でチェーン全周を擦ったビフォーアフターが上の写真。

汚れはほとんど付着していない。

洗浄力は高い。

エバーズ チェーンクリーナーに限らないが、この写真のようにチェーン表面はきれいに仕上がる。

臭い

エバーズ チェーンクリーナーは、溶剤系だけれどそれほど臭いはきつくない。

無臭というわけではなく油臭いが、油粘土のような臭い。

個人的には、臭いが気になることはない。

まとめ

エバーズ チェーンクリーナーは、洗浄力が高く、一体型スプレーが使いやすいチェーンクリーナー。

溶剤系なのでウエスで拭き上げる必要があり、少し油っぽい臭いはする。

価格的には比較的安価な部類。

エバーズ チェ-ンクリ-ナ- 420ml スプレ-缶
西新オレンジストア
¥ 884(2021/04/11 06:25時点)

洗浄力

評価 :4.5/5。

高洗浄力。

チェーン内部の汚れ残りがほとんどない。

使いやすさ

評価 :4.5/5。

溶剤系なので、ウエスで拭き上げる必要がある。

水洗いだけで終われない。

スプレー缶ノズルが缶と一体型の金属製で、スプレーがしやすいのは高評価。

プラスチック、塗装面を傷めないのも使いやすい。

臭い

評価 :3/5。

溶剤系のわりに、臭いがきつくない。

が、無臭というわけではない。

価格

評価 :4/5。

一本420mlで約1000円。

激安ではないけれど、比較的安価な部類。

ワコーズチェーンクリーナーは、同程度の洗浄力・無臭・水洗いでオッケー。ただし価格が高め。

MOTOWNのチェーンデグリーザーは、安価で使いやすいアルカリ性洗剤。洗浄力はエバーズ チェーンクリーナーよりも劣る。

灯油はコスパと洗浄力が最強。


ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました