【クイックリリース用】オーストリッチ エンド金具リア用130mmの新旧比較

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

自転車アイテム
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク




再購入したオーストリッチ エンド金具リア用130mmの仕様変更についての記事。

エンド金具再購入のきっかけ

フレッシュ出走の為新幹線輪行する際にエンド金具の穴が金属疲労により変形し、エンド金具付属のパイプが貫通するようになってしまった。

エンド金具をフレームに取り付けても固定が不十分となり、ガタが出てしまうので買い直しをすることにした。

エンド金具破損の状況

エンド金具片側の穴が金属疲労で破断し、穴が拡がってしまっている(写真の状態は破断後修正し穴がやや小さくなっている)。

旧エンド金具本体(破断した穴拡大)

エンド金具破損の原因

エンド金具取付時クイックを締めるとパイプとクイックの圧縮によってエンド金具が固定されるが、

旧型パイプは(私の)フレームのリヤエンドの径よりも細く、貫通してしまう。

これでは金具に変形の力がかかってしまう。

旧型パイプはリヤエンドより細い

今回のエンド金具破損は、パイプ径の細さが原因と思われる。

新しいエンド金具

オーストリッチエンド金具リア用130mm(製品番号‎36780)

今回届いたエンド金具パッケージは内訳は3点。

  • エンド金具
  • クイックリリース
  • パイプ

若干モデルチェンジがされていたことに気づかず購入したのだった。

エンド金具リア用130mm | OSTRICH(オーストリッチ)公式ホームページ|自転車用バッグ、輪行袋、自転車用アクセサリの製造|アズマ産業株式会社
OSTRICH(オーストリッチ)/アズマ産業株式会社は国産の自転車用バッグメーカーです。自転車用バッグ、輪行袋、自転車用アクセサリの製造、また、国内主要レーシングチーム、個人に機材サポートをしています。

モデルチェンジ後の変更点は、エンド金具の穴が2つ増えていて2段階の高さ調整ができるようになっていることと、パイプ径が太いものになっていること。

高さ2段階調整

上段110mmと下段95mmの2段を選んで固定できるようになっており、説明書には従来のエンド金具よりさらに25mm上昇する、と記載がある。

パイプ径

対策品と思われる新型のパイプの径はエンド金具の径よりも太いものへ変更となっている。

新旧パイプ径比較。左側が古い方、右側が新しい方。

この太さであればフレームリヤエンドよりも径が太いので、クイック締め付けによるパイプの圧縮応力をフレームが受け止めるようになり、エンド金具の変形にはつながらないはず。

フレームリヤエンドよりも、パイプ径の方が太い

重量新旧比較

旧エンド金具(52g)+旧型パイプ(14g)セット

重量66g。

新型エンド金具(59g)+新型パイプ(17g)セット

重量76g

新型の方は、エンド金具本体とパイプ合わせて10gの増量となっている。

エンド金具本体の2段階高さ調整機能追加とパイプ径アップの影響だろう。

良いとこ取り

エンド金具の変形の原因は旧パイプ径が細い為だと考えているので、エンド金具は軽い方の旧型を、パイプは径が太い方の新型を、合わせて組んでみる。

旧型エンド金具と新型パイプの組み合わせでも組める

特に問題なく使えそうだ。

まとめ

旧型エンド金具本体と新型パイプの計69gで収まり、新型セット(76g)よりも7g軽量化ができるし、体積が減らせるのでオーストリッチSL-100輪行袋のスタッフバッグに一緒に収納しやすい。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 [SL-100] ブラック 091281
オーストリッチ(OSTRICH)
¥7,350(2024/06/17 17:16時点)
●商品説明   対応車種:ロード、MTB、クロス 付属品:ショルダーベルト、中締ベルト 本体重量:200g ※付属品含まず

しばらくこの運用でいこうと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました