【高コスパ・高洗浄力・低臭】AZ MCC-002バイク用 チェーンクリーナー パワーゾル のレビュー

4.5
ケミカル
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク




AZ MCC-002バイク用 チェーンクリーナー パワーゾルは、高洗浄力、高コスパ、低臭で高バランスにレベルの高い製品。

製品情報

名称:チェーンクリーナー

成分:石油系溶剤

容量:840ml

用途:バイクチェーン(シールチェーン含む)・機械チェーンの洗浄

作業しやすい低臭タイプのバイク用チェーンクリーナーです。

遅乾性溶剤のため、チェーンに付着した頑固な油汚れをじっくり強力に溶かします。

洗浄後の水洗いが不要のため手軽にご使用いただけます。

Oリングを傷めないので、シールチェーンにも安心してご使用いただけます。

(製品説明から引用)

AZ製 バイク用チェーンクリーナー パワーゾル。

今回購入したのは840ml。

そのほか650mlタイプも販売されている。

オイル・潤滑油・グリースのエーゼット - AZ バイク用チェーンクリーナー パワーゾル 840ml 品番(AW608)

スプレータイプ。

逆向き噴射可能。

ノズルは可倒式で、根本とノズルからの2WAY噴射。

使い方

使用前に缶をよく振り、噴射方向を確認してください。

チェーンにたっぷりスプレーし、しばらくしてからブラシでこすって汚れを落としてください。

そのあと、再度スプレーし、ブラシで擦るとさらに効果的です。

溶けた油汚れは乾いた布で拭き取ってください。

(製品説明から引用)

使用方法によると、

スプレー→ブラッシング→スプレー→ブラッシング→拭き取り

という流れが良いらしい。

この記事では、いつも通りの方法で

スプレー→ブラッシング→拭き取り→洗浄

を2回繰り返して洗浄力を確かめる。

チェーンにスプレー

チェーンにスプレーし、チェーンクリーナーを浸透させる。

840ml缶なので縦長約35㎝と、細長い缶(いわゆるパーツクリーナー缶と同じサイズ)だが、片手でスプレーすることはできる。

低臭タイプの謳い文句通り、臭いは気にならない。

ブラッシング

チェーンクリーナーを吹き付けた後は、ブラシでチェーンを擦っていく。

遅乾性チェーンクリーナーなので、急いで作業をすることは無い。

ウエスで拭き取り

溶剤系チェーンクリーナーなので、ウエスで拭き取りをしておくと後の水洗い作業がスムーズになる。

中性洗剤で水洗い

バケツ一杯の水に中性洗剤を溶かしてブラシでチェーンを洗う。

この作業なくして効率よくチェーン洗浄することは難しい。

繰り返し

ここまでの流れを繰り返す。

  1. チェーンにスプレー
  2. ブラッシング
  3. ウエスで拭き取り
  4. 中性洗剤で水洗い

今回は2度行った。

最後に水洗いをしてウエスで拭き上げて終わり。

仕上がり

上記の作業後、指でチェーン全周を擦ったビフォーアフターが下の写真。

ビフォー
アフター

こすった中指に汚れはほとんど付着しない。

洗浄力は高いといえる。

手全体を見ると、汚れが人差し指についている。

溶剤系チェーンクリーナーなので、手など周囲に汚れが付きやすい。

駆動系の表面の汚れはキレイに落とせている。

まとめ

AZ MCC-002バイク用 チェーンクリーナー パワーゾルは、高洗浄力、高コスパ、低臭で高バランスでレベルの高い製品。

溶剤系のスプレー式なので周囲に汚れが付着しやすいが、それでも問題なければこれを選んでしまえば良さそう。

洗浄力

評価 :3.5/5。

洗浄力は高い部類。

使いやすさ

評価 :3/5。

スプレー式で使いやすい反面、溶剤系なのでウエスで拭き上げる必要がある。
また全体的に油っぽい作業になる。

臭い

評価 :5/5。

ザ・無臭。

作業中の臭いは気にならないので、個人的にはポイント高い。

価格

評価 :5/5。

AZ公式では840mlで440円で販売されている。

激安である。

オイル・潤滑油・グリースのエーゼット - AZ バイク用チェーンクリーナー パワーゾル 840ml 品番(AW608)

ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました