【チェーンクリーナー】モーガンブルー チェーンクリーナーのレビュー

4.0

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

メンテナンス
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク




洗浄力が高く使いやすい、モーガンブルー チェーンクリーナーのレビュー記事。

製品情報

・使用方法

チェーンやギヤに塗布/吹きつけて、約5分間置きます。その後洗い流し、水分を拭き取った後、レースオイル等を注油します。

・注意事項

ベアリング部やフレーム/フォーク等には使用しないで下さい。

・内容量 1000 / 250 cc

ZETA TRADING製品説明より引用

チェーンクリーナーを指で触ってみると、ヌルヌルとした油分を感じる。

液性を調べてみると、pH6辺りの模様。

洗浄する駆動系

今回は、2週間で走行距離650kmのチェーンを洗浄する。

使用したチェーンオイルはKUREチェーンルブドライに

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブドライ No.1602
KURE(呉工業)
¥1,180(2024/06/16 07:07時点)
成分:潤滑セラミックス(ボロン)、PTFE(フッ素樹脂)、エステル化学合成油、防錆剤、石油系溶剤

追いオイルで、株式会社大成化研 ジェイ・マックス株式会社のナノコロオイルスプレーを足して使っていた。

使い方

チェーンクリーナーをチェーンやフロント/リアディレーラーに塗布・噴射します。5分間程放置した後、洗剤と水で洗い流してください。乾いた布でふき取り、チェーンやフロント/リアディレーラーに潤滑剤を注油します。

※ベアリングやフレーム、フロントフォークには絶対に使用しないで下さい。万が一付着した場合は、直ちに洗い流してください。

V.T.J.Ltd.より引用)

今回は

  • チェーンにスプレー
  • ブラッシング
  • 水で洗い流す
  • 中性洗剤でブラッシング

の流れで作業を行う。

チェーンにスプレー

スプレーされたチェーンから汚れを含んだ黒い水玉が滴り落ちている

チェーンにスプレーし、チェーンクリーナーを浸透させる。

スプレーの際に少し臭いを感じる。鼻につくような香りだが、それほど気になるような強いものではない。

ブラッシング

チェーンをブラッシング

チェーンクリーナーを吹き付けた後は、ブラシでチェーンを擦っていく。

チェーンのブラッシングはチェーンリンクとチェーンの表と裏の両面、計3か所と、リアディレイラーのプーリー、フロントチェーンリングを磨く。

水で洗い流す

水で洗い流すと、チェーンから汚れが流れ落ちるのが目視できる。

水洗いだけでもしっかりと洗い流すことができている。

中性洗剤でブラッシング

中性洗剤を含んだ水でブラッシング

バケツ一杯の水に中性洗剤を溶かしてブラシでチェーンを洗う。

中性洗剤で洗い流す作業でも、チェーンと合わせてプーリーとチェーンリングをブラッシングする。

一通り終われば水で洗い流す。

仕上がり

ここまでの作業でどこまで汚れが落ちたか確認してみる。

中指でチェーンを一周こすってみるとまだ汚れが残っている。

あと一周作業を繰り返してみる。

繰り返し

ここまでの流れ

  1. チェーンにスプレー
  2. ブラッシング
  3. 水で洗い流す
  4. 中性洗剤でブラッシング

を繰り返す。

そのあと指でチェーンを一周こすって汚れを確認してみる。

チェーンをこすった人差し指

かなり汚れが落とせている。

ウエスでもチェーンを拭き上げてみる。

日本製紙クレシア ワイプオール X70を使用する。

ウエスにも汚れはほぼ付いていない。

チェーン洗浄はこれで終えて、チェーンオイルをさしてもう一度ウエスで拭き上げる。

チェーンオイルをさした後に拭き上げると汚れが出ている。

チェーンオイルを拭き上げると、オイルに溶解した汚れが浮き出てウエスについている。

このぐらいであれば許容範囲。

チェーン洗浄力は高めだと言える。

仕上がり

仕上がりの外観を写真で見比べる。

駆動系全体がしっかりとキレイになっている。

まとめ

水洗いで洗い流せるし、洗浄力も必要十分なレベルでバランスの取れた製品。

MORGAN BLUE(モーガンブルー) クリーナー チェーンクリーナー [chain cleaner] 1000ml 専用ノズル付 自転車用洗浄剤
MORGAN BLUE(モーガンブルー)
¥2,990(2024/06/16 11:52時点)
チェーンクリーナーはチェーンやドライブトレインのコンポーネントの洗浄に適したクリーナーです。多くのプロチームに使用されています。

洗浄力

洗浄力は高い部類。

多少チェーンリンク内の汚れが残るが問題は感じないレベルで、必要十分。

使いやすさ

水洗いで流してしまえるのでお手軽。

臭い

スプレーするときに若干臭いを感じるが、使用上は特に問題がない。

価格

この記事でレビューしている1Lの製品価格は2000円前後。

大容量で2000円なので、許容範囲か。


ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。

チェーンクリーナーのpH測定の結果です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました