【手早く洗浄】KURE チェーンクリーナージェット のレビュー

3.5
ケミカル
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク




水なしで素早く作業を終えたいときに使える、KURE チェーンクリーナージェット。

KURE公式サイトによると、チェーンクリーナージェットは、【速効・簡単にチェーンの完全洗浄を求めるユーザーへ】というコンセプトで販売されている。

製品情報

成分:●石油系混合溶剤●アルコール類●防錆剤 炭化水素系溶剤

容量:520ml

用途:自転車用チェーン・スプロケットの洗浄・脱脂

浸透性にすぐれた強力チェーンクリーナー(中乾性)です。

油汚れやグリースなどの頑固な汚れをすばやく落とします。

製品説明、KUREから引用

使い方

製品のコンセプト通りに使うと簡単に作業を終えられそうだが、まずはチェーンクリーナージェットの洗浄力などの評価のためにいつも通りの洗浄方法で使ってみる。

缶をよく振り、チューブ付きボタンをセットしてください。※環状部の赤い印の位置にチューブの向きを合わせてください。

チェーン全体にスプレーしてください。※ブラシを併用するとさらに効果的です。

製品説明から引用

なお、使う前にふたに付属しているチューブ付きボタンをセットする。

赤い目印にチューブの向きを合わせてを取り付けるように書いてあるので、下の写真のように取り付ける。

チェーンにスプレー

チェーンにスプレーし、チェーンクリーナーを浸透させる。

ジェット噴射を謳っており、確かに高圧スプレー。

ブラッシング

チェーンクリーナーを吹き付けた後は、ブラシでチェーンを擦っていく。

中性洗剤で水洗い

バケツ一杯の水に中性洗剤を溶かしてブラシでチェーンを洗う。

繰り返し

ここまでの流れを繰り返す。

  1. チェーンにスプレー
  2. ブラッシング
  3. 中性洗剤で水洗い

今回は2度行った。

最後に水洗いをしてウエスで拭き上げて終わり。

仕上がり

上記の作業後、指でチェーン全周を擦ったビフォーアフターが上の写真。

見ての通り、汚れが結構付いている。

公式の洗浄方法で使ってみた

この製品のコンセプトは、記事冒頭にも書いた通り【簡単・速効】。

正しい使い方は、KURE チェーンクリーナージェット公式ページに書かれてある。

簡単に書くと、

ウエスでチェーンを囲ったところにスプレーをして、ウエスについたクリーナーでチェーンを拭き上げて終了

というもの。

実際にこの方法でも洗浄を行ってみた。

ここにチェーンクリーナージェットを吹き付けて洗浄をしていく

結果

チェーンクリーナージェットの噴射量は結構多く、チェーンに吹き付ける量をすべてウエスで受け止めるには、ウエスが少ないと飽和したクリーナーで手がビシャビシャに濡れてしまった。

なのでできるだけ多くのウエスとゴム手袋を使うと良い。

洗浄力に関しては、完全に汚れを落とすことはできず、私がいつも行っている方法(上の項の仕上がりの写真)が汚れ残量は少なかった。

このチェーンクリーナージェットのコンセプト通りは、【速効・簡単にチェーンの完全洗浄】。

完全洗浄とはいかないが、速効、簡単にチェーン洗浄を終えてしまいたい場合には使いやすいと思う。

まとめ

手早く簡単に作業を終えたい時の飛び道具として良いクリーナー。

低臭なので室内で少量使用するのに良いかもしれない。

汚れをしっかり落としたい場合は、ほかのクリーナーの方が良いことも。

洗浄力

評価 :2.5/5。

洗浄力はそれほど高くはない。

使いやすさ

評価 :3.5/5。

大量のウエスとクリーナーの消費をためらわなければ、チェーン洗浄はすぐに終わる。

臭い

評価 :4/5。

低臭。

溶剤系だが、油臭い感じはしない。

価格

評価 :3/5。

内容量520mlで1500円ほど。

中ごろの価格設定。


ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました