【低臭・低侵襲】EVERS Plus チェーンクリーナー のレビュー

ケミカル
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク




低臭でプラスチックへの低侵襲性なエバーズプラス チェーンクリーナー。

以前試したエバーズ チェーンクリーナーの姉妹製品。

製品情報

成分:石油系溶剤、噴射剤(LPG)

容量:300ml

用途:自転車、オートバイ等のチェーン及びスプロケットの外部の油脂等汚れ除去・清浄用

特長:特に洗浄性が強く、環境にやさしいタイプの化学洗浄剤です。

チェーンに付着したオイル、グリスなどの油汚れや金属粉、ホコリを簡単に除去することができます。

ゴム、プラスチック、金属パーツを傷めることがないのでOリング、シール部、ウレタン、塗装表面にご使用できます。

スプレーすると徐々に乾燥するので、汚れを残しません。

(製品説明を転記)

成分を見ると、中乾性溶剤系チェーンクリーナーのよう。

ゴムプラスチックなどを傷めることがない、と記載があり樹脂パーツや塗装面への攻撃性が低いのはポイントが高い。

容量300mlはスプレー缶式チェーンクリーナーの中では少量の部類。

使い方

チェーン、ディレイラーにスプレーして、ブラシやウエスで汚れを取り除きます。

自然に乾かすか、乾いた表面にするためウエスを使用して乾かします。

チェーンを乾かした後に、チェーンオイルを使用してさびと摩耗から保護する。

(製品説明を転記)

使い方を見ると、中乾性を生かして汚れを取り除いた後、自然乾燥かウエスで拭き上げるという手順が正しい模様。

実際に使って見ると、最後に中性洗剤での仕上げ洗浄をするとさらにきれいになったので、この記事ではいつもどおりその方法での紹介をする。

チェーンにスプレー

チェーンにスプレーし、チェーンクリーナーを浸透させる。

ブラッシング

チェーンクリーナーを吹き付けた後は、ブラシでチェーン・チェーンリング・ディレイラーのプーリーをブラッシングし、汚れを浮かしていく。

ウエスで拭き上げる

エバーズプラス チェーンクリーナーは溶剤系チェーンクリーナーなので、水洗いの前にウエスで拭き上げる。

時間があれば中乾性を生かした自然乾燥でも良いかもしれないが、ウエスで拭き上げると結構ウエスに汚れが付着するので、拭き上げてしまった方がいいと思う。

繰り返し

ここまでの流れを繰り返す。

  1. チェーンにスプレー
  2. ブラッシング
  3. ウエスで拭き上げる

今回は2度行った。

中性洗剤で水洗い

バケツ一杯の水に中性洗剤を溶かしてブラシでチェーンを洗う。

上にも書いたけど、この作業をした方がキレイな仕上がりとなる。

仕上がり

上記の作業後、指でチェーン全周を擦ったビフォーアフターが下の写真。

こすった中指には結構汚れが残っている。

洗浄力としては中程度、という感じだが必要十分だと思う。

まとめ

エバーズプラス チェーンクリーナーは、低臭で使いやすい。

洗浄力は必要十分で、価格は内容量は中程度。

洗浄力

評価 :2.5/5。

洗浄力はそれほど高いものではなかった。

ただ、金属表面の汚れをキレイにすることは容易にできて、スプロケットの汚れ落としは簡単に済む。

チェーンリンク内の汚れを完全に落とすのは難しかったが、実用上はこの程度の洗浄力があれば十分とも言える。

使いやすさ

評価 :4.5/5。

『ゴム、プラスチック、金属パーツを傷めることがないのでOリング、シール部、ウレタン、塗装表面にご使用できます』

という製品の特長はポイントが高い。

ただスプレーに案外力が必要で、細かい噴射調整が難しい点が残念。

臭い

評価 :4.5/5。

臭いはかなり低臭の部類。

臭いに気を付けていると気が付くレベル。

スプレーで風向きが自分に向いてもあまり気にならない。

価格

評価 :3/5。

一本1000円程度。

価格は安いが内容量が300mlと少量。


ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました