【オレンジのいい香り 】ぺドロス PEDRO’S ディグリーザー オレンジピールズ のレビュー

3.5
ケミカル
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク




オレンジの香りが良く、水洗いで作業が終えられるぺドロス ディグリーザー オレンジピールズ。

製品情報

容量:473ml

用途:金属部用洗浄剤

特徴:

柑橘類から抽出された強力な脱脂洗浄剤

チェーンについた頑固な油汚れも落ちる

水で薄めれば塗装部などにも使用可能

チェーンマシンに最適

生分解性

(製品説明から引用)

代理店はRITEWAY

オレンジピールズ [ORANJ PEELZ] | PEDROS公式サイト | ペドロス オイル ケミカル 工具

ボトルの説明イラストでは以下のように示していて、駆動系の洗浄には良さそう。

  • 洗浄力は強い
  • チェーンリング、チェーン、スプロケットで使用
  • グリース、ルブ、土、汚れ、塵の洗浄
  • 金属部に使用可能

使い方

使い方はボトルにイラストで描かれている。

  1. ブラシにオレンジピールズを付ける
  2. チェーンをブラッシングする
  3. 水で洗い流す
  4. 乾かす

ということらしい。

代理店の説明書きによると、チェーンマシンでの使用が最適、ともある。

この記事ではブラッシングの方法で洗浄をしていく。

ブラシに塗る

ぺドロス ディグリーザー オレンジピールズを、チェーンブラッシング用のブラシに塗布する。

液状は少し粘度があるので、少量ずつ垂らせば無駄にはならない。

ブラッシング

ぺドロス オレンジピールズを含ませたブラシでチェーンやチェーンリング、プーリーなど、駆動系全体をブラッシングしていく。

オレンジピールズという名の通り、オレンジのような柑橘系の香りが強い。

中性洗剤の香りをさらに強くしたような感じで、個人的には好きなタイプ。

水洗い

水洗いをすると、黒く汚れた液体がチェーン全周から流れ落ちるのがよくわかる。

水溶性の洗剤だが、洗浄力は高いように感じる。

中性洗剤で水洗い

お決まりだが、いつものルーティン。

バケツ一杯の水に中性洗剤を溶かしてブラシでチェーンを洗う。

ぺドロス オレンジピールズ自体が中性洗剤のような感じなので、二度同じことをしているかのような錯覚。

繰り返し

ここまでの流れを繰り返す。

  1. ブラシに塗る
  2. ブラッシング
  3. 水洗い
  4. 中性洗剤で水洗い

今回も2度行った。

最後に水洗いをしてウエスで拭き上げて終わり。

仕上がり

チェーンをこする前
チェーンをこすった後

上記の作業後、指でチェーン全周を擦ったビフォーアフターが上の写真。

結構汚れが残っているようだ。

といってもチェーン表面の汚れはしっかりと落ちている。

スプロケットはこんな感じで、少量のオレンジピールズでこの仕上がり。

普通であればこの仕上がりで十分。

なお、今回の作業でのオレンジピールズの使用量はボトルの1/20ほど。

今回のような手作業でのブラッシングの方法を選ぶなら、コストを下げられるしある程度の洗浄力が期待できる。

チェーンマシンを使った洗浄では使用量はさらに増えるだろう。

まとめ

洗浄力はあまり高くないが、いい香りで気分よく作業ができた。

洗車作業は地味だが、洗剤の良い香りは作業中の気分を上げてくれる。

また今回は中性洗剤も使って洗浄力を確認したが、

  • ぺドロス オレンジピールズ
  • ブラシ

の3点で洗浄作業が終えられるのは良いと思う。

洗浄力

評価 :2.5/5。

洗浄力はあまり高くはないが必要十分。

使いやすさ

評価 :4/5。

水洗いで作業が終えられるのはポイントが高い。

ただ、ボトルからブラシに液をかける作業が割と時間がかかってしまう。

チェーンマシンを使えばその点は印象が変わりそうだ。

臭い

評価 :5/5。

無臭ではなく、しっかりと柑橘系の香りがするタイプ。

個人的には作業のテンションを上げてくれるので、また使いたくなる洗浄剤。

人によっては臭いがきつすぎると感じるかも知れない。

価格

評価 :2.5/5。

一本2000円程度と安価ではない。

しかし使い方によっては一度の使用量は抑えられるので、コスパの良い作業を求める場合にも良さそう。

ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました