【高コスパ高洗浄力】 KURE CRC チェーンクリーナーのレビュー

3.5
ケミカル
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク




洗浄力に優れ、コスパの良いチェーンクリーナー。

製品情報

溶剤系チェーンクリーナー。

成分は石油系溶剤、防錆剤

内容量480ml

第一石油類(炭化水素系溶剤)288ml

スプレー式

使用方法

チェーンへ吹き付ける

スプレー式で直接チェーンへ吹きかける。

好みに応じて付属のチューブを使えば局所的に噴射することができる。

溶剤系チェーンクリーナーなので、溶剤特有の匂いが割と強い。個人的にはあまり好きではない。

ブラシでこする

チェーン全周へ吹き付けたらブラシでチェーン全周をこする。

この作業大切。

ウェスで拭き上げる

溶剤系チェーンクリーナーなので一旦ウェスで拭き上げておく。

溶剤系は水に溶解しないから、拭き上げたほうが効率は良いだろう。

中性洗剤水で洗い流す

中性洗剤を溶かした大量の水で、ブラシでチェーンを何度もこすり洗う。

チェーン洗浄のお約束。中性洗剤でしっかり洗い流す。

繰り返し

この工程でチェーン汚れが残っている場合は、チェーンクリーナーを吹き付けて、中性洗剤で洗うまでの行程繰り返す。

今回は2度行った。

仕上がり

仕上がりは、チェーンを指で強くこすってもほとんど汚れが指につかない程度にキレイになった。

チェーンはキレイになった。作業で手が汚れているのが分かる。

まとめ

洗浄力は高く、一回の洗浄でキレイにならなければ何度か繰り返し吹付けから洗い流しまでを反復すれば、十分チェーン内部の汚れを落とす事はできる。

スプレーの噴射力にまかせて使いまくると一気に消費してしまうが、チェーンから洗浄液が少しあふれる程度で使用を抑えて、あとはブラシとウェスと中性洗剤水の力を借りれば、消費量はかなり抑えられる。かつ洗浄力は高い。

とても良い製品だと思う。

しかし個人的にこの製品の臭いは好きではない。

また溶剤系のチェーンクリーナーで、素手で作業を行うと手に汚れが移りやすい。

全体的に油臭い作業になるので、その点は注意。

洗浄力

評価 :4.5/5。

洗浄力が高い。

使いやすさ

評価 :3/5。

スプレー式で使いやすい反面、溶剤系なのでウエスで拭き上げる必要がある。

また全体的に油っぽい作業になる。

臭い

評価 :2/5。

油の臭いが強い。

個人的に気分が悪くなったりすることはないが、この臭いが好きな人はいないかも。

価格

評価 :5/5。

1000円以下で購入できる。安い。


ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました