【低臭、油性、金属ノズル】DID チェーンクリーナーのレビュー(自転車チェーン)

3.5
ケミカル
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク




このD.I.D チェーンクリーナーはモーターサイクル専用品と記載があるがこの記事では、自転車チェーンに使用した内容を書く。

このチェーンクリーナーは、洗浄力は中程度で金属ノズルが使いやすく、油性だが低臭なのが特長。

詳細を下に書いていく。

製品情報

成分:炭化水素油

容量:420ml(スプレー缶)

用途:二輪車ドライブチェーン用洗浄剤

種類・形式:油性(エアゾール)

モーターサイクル専用(X-リング/O-リング対応)

(製品説明に記載)

使い方

チェーンにスプレー

チェーンにスプレーし、チェーンクリーナーを浸透させる。

取り外し式の金属ノズルは、チェーンへスプレーするのに使いやすい。

金属ノズルをスプレー缶本体へ取り付けるには、少し力が必要。

ブラッシング

チェーンクリーナーを吹き付けた後は、ブラシでチェーンを擦っていく。

ウエスで拭き上げる

油性チェーンクリーナーなので、洗い流す前にウエスで拭き上げておく。

中性洗剤で水洗い

バケツ一杯の水に中性洗剤を溶かしてブラシでチェーンを洗う。

繰り返し

ここまでの流れを繰り返す。

  1. チェーンにスプレー
  2. ブラッシング
  3. ウエスで拭き上げる
  4. 中性洗剤で水洗い

最後に水洗いをして終わり。

今回は2度行った。

仕上がり

上記の作業後、指でチェーン全周を擦ったビフォーアフターが上の写真。

結構汚れが残っている。

チェーン洗浄力はそれほど高くは無さそう。

臭い

油性のスプレー缶タイプのチェーンクリーナーだが、臭いはそれほど気にならない。

軽い油ぽさのある臭いがするが残香はほとんどないし、臭い自体がサッパリした感じで気分が悪くならない。

まとめ

DIDチェーンクリーナーは、洗浄力は中程度、金属ノズルは使いやすく、低臭の油性チェーンクリーナー。

洗浄力

評価 :3/5。

洗浄力はそれほど高くない。

比べるならMOTOWN チェーンデグリーザーよりも洗浄力は高く、

WAKO’S パーツディグリーザーよりも洗浄力が低い。

使いやすさ

評価 :4/5。

油性チェーンクリーナーで手に汚れが付きやすく、チェーンクリーナーをウエスで拭き上げた方が良い。

金属ノズルはスプレーが安定するしチェーンへの吹き付けがやりやすい。

臭い

評価 :4/5。

油性のスプレー缶タイプのチェーンクリーナーだが、無臭というわけではなく低臭で収まっている。

軽い油ぽさのある臭いがするが残香はほとんどないし、臭い自体がサッパリした感じで気分が悪くならない。

価格

評価 :4/5。

価格は1000円前後。

格安ではないが、主流な価格設定。

ワコーズ チェーンクリーナーは、洗浄力、臭いの点で優れている界面活性剤混合溶剤系チェーンクリーナー。

エバーズ チェーンクリーナーは、洗浄力が高い同価格帯の溶剤系チェーンクリーナー。


ロードバイクの洗車方法の紹介記事です。

ロードバイク洗車道具を紹介しています。

チェーンクリーナー一覧ページです。

チェーンクリーナーランキングを付けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました